非正規雇用者でも婚活で需要はあるのか

登録者の多いサイトを利用

登録者の多いサイトを利用したため、私より魅力的な男性は山ほどいます。
ちょっとくらい見栄を張ろうかなとか、多少嘘を言っても構わないかなとか、そんな考えが浮かんだのも事実です。
しかしありのままの自分で勝負しなければ意味が無いと思い、全て正直にプロフィールを作りました。
すると早々に、数人の女性から連絡が来ました。
いきなりお付き合いとかそういうことではなく、とりあえずフィーリングを確かめようという感じの連絡です。
それでも私はとても嬉しくて、これまでいかに自分勝手に可能性を狭めていたのかを痛感しました。
同時に、想像以上に積極的な女性が多いのだと驚いたのを覚えています。
とはいえ、いざ関係を進展させようとすると渋る人が大半でした。
いい人なのは判っているんですがごめんなさいと、大抵はこういった形の台詞です。
優しい人やいい人だけではダメなんだと、結婚には他にも大切なことが沢山あるのだと理解しました。
きっと私がもっと若ければ、お試し感覚で付き合ってくれる人もいたかもしれません。
しかし30代後半で仕事が安定していない、この属性は女性たちの懸念材料としては当然だったのでしょう。
こうしてスタートは上々に見えた私の婚活は、暫く頓挫することとなります。

正規雇用をされていない男性でも結婚を諦めない登録者の多いサイトを利用パーティーにも参加するようになりました